忍者ブログ
windowsやFlash のゲーム作ったりとか。

RPGツクールMVで使用可能なイベントコマンドの入力例です。
(試してないけど、RPGツクールVXAceでも使えるかも?)

何かのお役に立てれば幸いです。

「特定のリージョンの上を自走するイベント」が作れます。
レースイベントなどで、ライバルキャラの走行ルートを
上上下下・・・と入力するのが億劫なときなどに便利かも?
(どっちが楽かは歩く量によるかもしれませんね。
 ちょっと歩く程度なら、普通に指定した方が楽かなと)

トロッコを走らせるときにも使えそうですが
途中で進行ルートをスイッチ等で切り替えるようなギミックが
ある場合は向いてないかもしれません。

ともかく「いつも一定のルートを歩くイベント」向きのイベント例です。
コモンイベントに入れておいて、必要に応じて呼び出すのがいいかな。

著作権等はありません、ご自由に引用して下さい。
ご利用連絡も不要ですが、「いいね(拍手)」してくれると嬉しいです。

用意するもの
移動ルート用のリージョン 1つ(当講座では 100番を指定)
終点用のリージョン1つ (当講座では 101番を指定)
(リージョンとは
 主にフィールドマップにてモンスターの出現範囲を分けるために配置するタイルで
 Aceの場合は、ツールバーにあるモザイクみたいなアイコン
 MVの場合は、タイルパレットの下のタブの「R」を、クリックすると編集可能)

イベントの現在位置(X座標、Y座標)を取得する変数 それぞれ1つ
リージョンIDを代入するための変数 1つ

歩行用のイベント 1つ(イベント中も主人公を操作するなら、トリガーは並列処理)

イベントの概要
歩かせたいイベントの1歩先のリージョンが指定したリージョンかどうかを判別し
YESなら進み、NOなら無視します。
それを4方向分作成し、ラベルコマンドを使って終点までループさせます。
もし、一歩先にあるのが終点用のリージョンなら、ループを終了して
次のイベントに進みます。

ポイント
逆送を防ぐため、イベントの向きによって実行内容を変えています。
また、一歩先の位置情報を取得するため
位置を取得した変数に、加算や減算を行っているので
他の方向を調べる前に加算(減算)した分を加算(減算)しなおす命令を入れています。

注意点
複数のイベントを走らせるときは、その数だけリージョンや変数が必要です。
なお、ルートが重なり合うと誤動作を起こします。

イベント入力例の画像

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
オススメGAME
広告枠
アクセス解析

ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 


Flash Game 館

ソフトウェア制作講座






Copyright ©   YUWAKA'S SOFT   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]