忍者ブログ
windowsやFlash のゲーム作ったりとか。

 この講座は、MMF2付属のチュートリアルで
「ブロック崩し」の作成を終えた方を対象にしています。
まだチュートリアルをクリアしていない方は
まず、「ブロック崩し」を完成させてからお読みください。

さて、ブロック崩しは簡単に作れたものの
オイラはアクションゲームが作りたいんだい!
でも、どうすれば・・・とお困りの方は
とりあえず、「ジャンプとはしご」を使ってみましょう。

名前の通り、ジャンプしたりはしごを上ったりが
簡単に出来る機能です。

ジャンプとはしご」の説明は
ヘルプを「オブジェクト」⇒「共通のプロパティ」⇒「動作」
の順で開いていくとたどり着けます。

また、公式ページからダウンロード可能なマニュアルの
オブジェクトのプロパティのページ(ページサムネ32)にも
設定法方が載っているので読んでおきましょう。

製品版をお持ちの方は「Romeo」というゲームが
おそらく「ジャンプとはしご」のサンプルゲームと思われます。

では、簡単に設定方法を説明します。

①プレイヤーが操作する「アクティブ」オブジェクトのプロパティを開く
 「操作」タブで「ジャンプとはしご」を指定する。

 初期方向、ジャンプの高さ、歩行速度なども
 任意で変更しておく。

②床や壁にしたい「背景」又は「クイック背景」オブジェクトの
 プロパティを開き「ランタイムオプション」タブで
 「障害物」に指定する。

③イベントエディタを開く。
 新しい行に「プレイヤーキャラと背景が衝突した」という
 条件を入れる。

 プレイヤーキャラの列と交差するマス目を右クリックし
 「動作」から「停止」を選択する。
 
ちなみに アイコンを押すと、イベントの中身がわかりやすいです。
 

④「はしご」や「下からすり抜ける床」も
 ②と同様の方法で指定する。
 (イベントエディタは開かなくてよい)

終わりです。
はい、簡単ですね。

動作サンプルのダウンロード
必要ないと思うけど、一応おいときます。

さて、簡単に設定できたのはいいのですが
実際に動かしてみると、色々と問題が浮かび上がってきます。

「キャラクター絵の飛び出た部分に引っかかってしまう」
というのが一番大きいでしょうか。

その対策については、次回お話しすることにしましょう。

なお、「ジャンプとはしご」を使わないやり方が知りたい方は
PEPOSOFTさんの講座「2D アクション基本編」がオススメです。
(私もお世話になりましたー)

-----------------
付録 MMF2講座リンク集
Multimedia Fusion 2 シリーズ公式サイト
MMF2日本語版 Archaeological ガイド
Multimedia Fusion 2 wiki
PEPOSOFT 「2D アクション基本編」サンプルなど
ひろきちの日々 連番の画像をアニメとして取り込む方法など
ヒコシマブレイク Lite 初心者のためのMMF2講座など
SAMCO Software 備忘録など
Mr.Grotesque さんのMultimedia Fusion 2 講座(動画)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 


Flash Game 館

ソフトウェア制作講座






Copyright ©   YUWAKA'S SOFT   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]