忍者ブログ
windowsやFlash のゲーム作ったりとか。
SMILEGAMEBUILDER(SGB)は、スマイルブームさんから発売中の
3DRPG製作ツールです。

基本的に素材はモデリングしなきゃいけないわけですが
3DCD製作スキルをもっていないと難しいです。
しかーし!
色を変える程度であれば、モデリングできなくても変える方法があります。

例えば、先日公開を開始した
この物語は悲劇である~虹の魔石の伝説・外伝~
には、地面に血が滴っています。

これは、基本素材には収録されていない「物体」なので自作しました。
公式ページにもやり方が書いてあるのですが、少し噛み砕いてご説明いたします。

<用意するもの>
・血痕の画像(自分で描くか、フリー素材を探してね)
・ペイントツール(透過PNG画像の編集ができればなんでもいいです。
         私は、paint.netを愛用しています)

<工程>
①描き替えたい物体をエクスポート(ファイル出力)する
②エクスポートされたテクスチャを描き替える
③素材として追加する


それではまず、①からはじめましょう。

先に、素材をエクスポート(出力)するためのフォルダを作っておきます。
どこに作ってもかまいませんが、製作中のゲームの中には作らないほうがいいかも。

SGBを起動し、左側のメニューから「素材を追加する」を選択。
「ゲーム素材」のウインドウが開くので
上の欄の「マップ」のタブを選択。次に、右端の「物体」タブを選択。
 
「物体のカテゴリ」から「装飾」を選択し、「物体のリスト」の「Dirt X」を選択したら
上のメニューにある「エクスポート」を選択。
ダイアログが開くので、さっき作ったフォルダを開き、「フォルダの選択」を押します。

------------------------

では、②の作業に移ります。

エクスプローラが開き、新たに作成された「Decoration」というフォルダに
「Dirt X.fbx」と「It_063_dirt.png」が保存されていることがわかります。

「It_063_dirt.png」をペイントソフトで開き、透過色で塗りつぶした後
血痕を描きます。

名前を変更せずに「It_063_dirt.png」で保存してください。
モデルデータにこのファイル名が登録されているので
テクスチャのファイル名を変更すると読み込まれません。

画像を見てもらえばわかりますが
端っこの方は、モデリングされていないので、勝手に透過表示されます。
モデリングされている部分のみ、表示されるのでご注意くださいね。

------------------------

いよいよ、③の作業です。

SGBに戻り、「マップ」の「物体」タブを選択後
上部のメニューから「+追加」を選択し、「Dirt X.fbx」を追加します。


------------------------

「物体」に「Decoration」という項目が増え
血の装飾が増えたことが確認できます。
 

マップ編集画面に戻り、マップチップを確認してみても・・・
「物体」に「Decoration」という項目が増えています!
 

これで、装飾を増やすことができました!
おしまい!

他の地形や物体、アイテムのテクスチャも大体同じ要領で変更できるので
色々試してみてね!

------------------------

<追記>
「Decoration」という名前がわかりにくい場合は
素材を書き出したフォルダの名前を、「Decoration」から
「任意の名前」に変更した後で、素材の追加をしてください。

追加後に変更する場合は、一度SGBを終了し
エクスプローラで、製作中のゲームのフォルダを開き
「res」フォルダ内の「mapobject」にある
「Decoration」フォルダの名前を書き換えてください。

血痕の種類を増やしたい場合は
「Dirt X」「SnowyRoadt X」などの類似チップを描き替えると良いです。

それでも足りない場合は、新しく別名のフォルダを作って追加すれば
増やすことができます。

拍手[3回]

PR
夢幻台さんの多人数コラボ企画「ツクールチャンネル」が
ついにRPGアツマールにて開局!

2017年01月現在、5つのチャンネルが視聴できます。
どのチャンネルも個性的で楽しいよ!

どんなチャンネルがあるのかは
ツクールチャンネルの紹介ページでチェックしてね!
ゆわかチャンネルもよろしく!

参考までに「微笑劇場」は
リュウセイさんの「僕トモ」みたいなのを目指したらしいよ。

ツクールチャンネルを視聴する


※画像は、ゆわかチャンネルの一幕です!

なお、番組の製作者を随時募集中(2017年06月まで)
ということなので、あなたも番組を作ってみませんか?

ツクールチャンネルは、RPGツクールMVで作られています。
もし、MV持ってないよって場合でも
概要をまとめたテキストや素材を用意すれば
夢幻台さんが代理製作してくれるから、大丈夫だよ!
詳細の確認・参加お申し込みは、夢幻台さんへよろしくです!

あなたのご視聴・ご参加お待ちしています!

ツクールチャンネルを視聴する

拍手[0回]

Abstain companyのアリヒコット・イアカスさん主催
フリゲ・シェアードワールド企画「虹の魔石の伝説」に参加してみました。
(2017年12月末日まで投稿受付中とのこと!よかったら参加してね!)

赤なる炎の「ルビー」に関する物語で、その名も
「この物語は悲劇である」です。



スマイルブームさんちの「SMILE GAME BUILDER」にて製作しました。

とある組織のエージェントとして、殺人犯の家を捜索します。

惨劇ではないので、ホラーもスプラッタもグロも
戦闘もビックリも追いかけ要素もありません。

ただ、若干モヤッとはするかも?

謎解きのレベルは低めを想定しています。

パソコンの必要動作環境は、若干高めです
3D描画に耐えうる必要があります。
うちのPCだとややもっさりしてます・・・(涙)
(Windows7/8/10、OpenGL 3.0以上)

世界観やバックストーリーはシェアしていますが
この物語は単体で遊べます。

拍手[0回]

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、新年一発目のゲームは
短編3DダンジョンRPG「遺跡探検3D」です!



スマイルブームさんちの「SMILE GAME BUILDER」にて製作しました。

基本的にはプレイヤー視点の3Dダンジョンですが
イージーモードを選択すると、普通のRPGのような
見下ろし視点に切り替えることもできます。

小規模なマップなので、プレイヤー視点でも
さほど迷うことはないと思いますが
あんまり得意でないよという場合は、ご利用ください。

カメラをグルグル回すの楽しいよ!
でも、3D酔いにはご注意くださいね。

ダウンロードはこちら

動作環境
・CPU:インテル Core 2 Duoプロセッサー、または AMD Athlon™ 64
・メモリー:2GB以上
・グラフィック:インテル HD グラフィックス 4400以上、Radeon HD グラフィックス 5430以上、OpenGL 3.0以上


なお、SMILE GAME BUILDER公式ページユーザーズゲーム
というコーナーで、プロジェクトファイルを配布してくださっています。
SMILE GAME BUILDERユーザーの方は、そちらのダウンロードをオススメします。

拍手[0回]

2016年11月24日発売予定の
ゲームを作って無料配布できる
3DS専用ソフト「RPGツクールフェス

本日より「RPGツクールフェスPLAYER」が公開開始です!
これは、「RPGツクールフェス」で作られたゲーム遊ぶソフトです。
ゲームを作ることはできません。
(RPGツクールフェス本体はゲームを作るソフトです)

当家製作のサンプルゲーム「田舎町の事件簿」も
本日より公開開始です!



魔王とかが復活して、ちょっとヤバイよねーなとある世界のお話。

このピンクの子は、リーズという名前です。
主人公(隣にいる金髪)の幼馴染です。

主人公の名前は、フレッシュ。
ぜんぜんフレッシュじゃない彼は、お金持ちのお屋敷の見習い執事です。

彼らの暮らすメディータというど田舎の小さな町に
魔王討伐のための勇者様のお伴を探しに、大臣様がやってきます。

騎士見習いの試験に落ち続けているリーズは
「これはまたとないチャンス」と思い、試練に挑みます。

レベルが上がりやすく、ステータスもじゃかすか上がるので
戦闘難易度は、簡単な部類と思われます。
ミニゲーム(クリア条件ではないサブクエスト)がいくつかあります。
若干難易度を高めにした隠しダンジョン完備。

よかったら、遊んでね!

3DSで遊ぶ手順を簡単に説明します。
 ①ニンテンドーイーショップをはじめます。
 ②「RPGツクールフェスPLAYER」を無料でダウンロードします。
 ③「RPGツクールフェスPLAYER」をはじめます。
 ④「通信」を選択します。
 ⑤「インターネットに接続しますか?」と聞かれたら、「はい」を選択。
 ⑥「利用規約」をよく読んでから、「わかりました」を選択。
 ⑦自分の「ニックネーム」を自由に入力します。(後からの変更は不可だそうです)
 ⑧「投稿作品のダウンロード」を選択し、好きなゲームをダウンロードします。
 ⑨Bボタン連打でタイトルに戻り、「ゲームプレイ」を選択。
 ⑩後は遊ぶだけ!!

当家のゲーム以外にも、他のツクラーさんやタレントさんの作品や
ミニゲームのサンプルが多数ダウンロードできます。
どのゲームもオススメです!

詳しくは、「4Gamer.net」さんの記事などをご覧ください。

拍手[3回]

前のページ      次のページ
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 


Flash Game 館

ソフトウェア制作講座






Copyright ©   YUWAKA'S SOFT   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]